2018年2月2日金曜日

[キャンプ] Hilander(ハイランダー)ウッドフレームチェア と カーミットチェア を比較してみた

買っちゃったよ~~
どうしても家族全員分カーミットチェアってのは難しいから


袋がおもったより業者みたい

箱から出てきました!!!

袋白いのかと思ったらカラーに合わせた袋なんですね。。
どうりで値段が違うと思った(笑)

説明書はカーミットチェアより高品質!?

日本の商品らしいタグ♪

タグの裏

袋の中はこんな感じ

カーミットよりスペースがあるのかちゃんと除湿剤も入っててこういうのはやっぱり日本の方がいいな。。

うんいい感じ!

思ったより大きさに差があるんやね。。

後に気づくんだけどこの曲がった部分の木の差が。。

やっぱり大きいんやね。。

これがカーミットチェア

これがウッドフレームチェア
金属が見えちゃってるけど許容範囲内かな

肘置きの位置が高いんじゃ~
椅子の角度が違ってて、どんな感じかというとウッドフレームチェアはベンチでカーミットチェアはソファーって感じです。
大袈裟にちょっと言うてるけど、ようするにウッドフレームチェアは座面が平になっててカーミットチェアは後ろが沈んでるです。
だから座った時にそう感じるんです。

背もたれ部分も高いようです。

ウッドフレームチェアの方がやりやすそうと思ったけど、実際やるとカーミットチェアの方が組み立てが楽。。
これは意外だったけど馴染んできたら変わるんかな。。

背もたれ部分も両方とも同様の金具になってる。

この座面後ろの方の高さの違いを見てほしい!知ってほしい!!

ん~ 解るかな。。

そして一番の差がここ!

写真じゃ解らんのじゃ~

もう一枚撮ったけどやっぱり解らんのじゃ~

これならどう?
カーミットチェアの方が曲がってるでしょ?
両方とも太ももには当たるんやけど、カーミットチェアのこのカーブは絶妙なのか痛くないの。
もちろん体型にもよるんやろうけど、これは他の人もブログで書いてたけどウッドフレームチェアはこの太もも裏が痛い。
これは背もたれの湾曲部分も同じく。
でも太ももの方が気になる。。 特に脚伸ばした時。。
収納サイズも意外に差が大きい。。


仕様で比較

カーミットチェア

耐荷重: 350LB(158kg)
重量:約2.4kg
収納サイズ: 約11cm x 16cm x 56cm
フレーム材質: オーク材・アルミ・スチール
生地: 1,000デニールナイロン

ハイランダー ウッドフレームチェア

耐荷重: 80kg
重さ: 約2.4kg
収納サイズ: 約11cm x 13cm x 57cm
フレーム材質: ブナ
生地: ポリエステル600D


まとめ
今回買って比べてみてやっぱり値段の差はちゃんとあるんだなと思いました(笑)

・座り心地
・見た目
・組み立てやすさ
・耐荷重

この3つはカーミットチェアの勝ちですね。。

値段は圧倒的にウッドフレームチェアの勝ちですけね。。

で、私が次に買い足すのは。。

両方!!(笑)

カーミットチェアは大人用(x1)
ウッドフレームチェアは子供用(x2)

という事で買い足そうと思います。

どちらかしか買ったらダメと言われたらそりゃ カーミッチェア ですね。。

あと座り心地は自分が持ってる4種類で比較したら

カーミットチェア > ヘリノックス チェアワン > ウッドフレームチェア > コーナン安物アウトドアチェア

です。

あとウッドフレームチェアの生地ははどうやら少し薄いらしくしばらく使うとダルダルになっちゃうらしいです。
値段で考えるとこれも仕方ないですね。。

評価:

0 コメント:

コメントを投稿